プロフィール

lvsweetie

Author:lvsweetie
ラスベガスへようこそ♪

Moon phases

最新記事

サイトマップ

カテゴリーごとに分類していますので探しやすいかと↓

*My LV Styleのサイトマップ*

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Thanks for coming!

住んでみるラスベガスって、思ったより刺激的。いろんな顔のラスベガスを楽しんでいます♪
マイ・ラスベガス・スタイル
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080227]
2008_4おとといあたりから、スターバックスのドアに張り紙があるのに気づいた。
毎朝必ず立ち寄るというわけでもないので、もしかしたらもっと前から張られていたのかもしれないけど。

張り紙の内容は、「これからのより良いサービスに向けたバリスタのトレーニングのため2/26の夕方、お店をクローズします。」というような内容だった。自分が立ち寄った2ヶ所のお店でマネージャーのサイン入りの同じような張り紙があったので、「ラスベガス中のスタバがクローズするのかな。」ぐらいに思っていたのですが・・・

実はこれ、なんと全米(空港やホテル内などの店舗以外)のスターバックスがクローズするということだったのだ。

2/26、国内の約7100店で、135,000人のバリスタ達が、リフレッシュトレーニングをするために、5:30PMから8:30PMの3時間、お店をクローズしたのでした。


で。この「スタバ・シャットダウン」をライバル達がだまって見ているわけもなく、シアトルの街ではローカルのコーヒーショップが無料のエスプレッソを振舞ったり、ダンキンドーナツでは全店でカプチーノを99?で提供したり、(しかもシカゴの450店舗ではスモール・ラテを無料で提供したそう。)ここぞとばかり、大判振る舞いでアピールしたようです。(バリスタを置いてコーヒーのアップグレードを模索中(?)のマクドナルドは、特にアクションはおこさなかったらしい。)

ワタシはといえば、スタバ好きなんですが、たまにThe Coffee Bean & Tea Leafjava detourでラテを飲んだりすると、「??いつもよりなんかおいしいかも~。」なんて感じることもあるのが正直なところ。特にアイスラテはそう思ったりする。

もしかしたらスタバも「ライバル結構出てきたしー、ファーストフード系まで俺らのマーケットに参入してくるしー、ここらへんでいっちょ気合入れ直さないとまずいかも。」ってことかも? 

実際、"...emergency re-training..." なんて記事まであるわけで。



 
スポンサーサイト
[20080224]

2008_2
ラスベガスを語る時にはずせない人たちがいる。

まずはベンジャミン・シーゲル Benjamin "Bugsy" Siegel(1905~1947年)から。

ニューヨークのギャングスターだったベンジャミンがラスベガスにやってきたのは、1944年。
恋人のハリウッド女優-バージニア・ヒルと一緒だった。当時賑わいを見せていたダウンタウンから少し離れた場所(現在のストリップ)に、1946年、彼は恋人のニックネームをそのまま名前にしたホテル「Flamingo」を完成させる。
これはストリップで初めての、きらびやかに輝くネオンがまぶしい、カジノ&ホテルだった。つまり、今では当然のスタイルであるカジノとリゾートを一緒にした最初のプロパティというわけ。

2008_3ところが、盛大にオープンしたホテルは閑古鳥。一時休業のあと再開はしたものの、赤字経営が続く状態。その結果、組織に対して大きな損害を出したことや、赤字経営に関る着服
の噂があったことなどから1947年6月21日、ベンジャミンはビバリーヒルズの自宅で暗殺される。
なんと、皮肉なことに彼の死後、ホテルを一目見ようとして多くの人々が訪れ、それがその後続くホテルの建設ラッシュの引き金となったということのようだ。

このストーリーが描かれたのが映画「Bugsy」。
決して好みの映画ではないのだけど、Ben(=Bugsy)がだだっ広い荒野(その後ストリップとなるであろう場所)で何かを感じてひらめくシーン、あれはよかった。
そして、「フラミンゴ」という名のカジノ&ホテルのアイディアが形になっていくあたり、見ていて面白かった。それまでのカジノにプラスアルファ-プールやレストランやエンターテイメントとか-が必要だと考えた彼のアイディアは今のラスベガスのベースの部分だもんね。

さて、その後「Flamingo」は1971年にヒルトングループとなり、1993年には開業当初の建物を全て壊して新築されたのだけれど、現在はヒルトングループを離れ、harrah'sの一員となっている。


 
[20080223]
2008_1






















昨年9月、サンフランシスコ市では国内で初めて、大型スーパーなどでのプラスティックバッグ(買い物用のレジ袋)の使用を禁止する法律が可決された。

Hawaiiにいた時はスーパーで「Paper or Plastic?」と必ず聞かれていたけれど、

ラスベガスに来てからは一部のオーガニック系マーケットを除いてどこも一様にプラスティックバッグだ。

年々バッグの厚さが薄くなってきており(実感)、

重たい買い物をした時は必然的に「Double bag, please.」ということになる。

だから1回の買い物で、バッグが5枚6枚になるのはあたりまえ。


ところでこのプラスティックバッグ、世界中で1年間に4-5兆枚使用されていて、そのためには石油が焼く650億リットル消費されているのだそうだ。

使ったあとも、石油原料の場合は分解されないので環境への影響が大。 ・・・という背景のもと、

シリコンバレーの工業デザイナーのSusanne Madduxさんがキャンバス地のショッピングバッグをデザインして売っている。

すでにいろいろなスーパーでは、ロゴ入りキャンバス地のトートが用意されているけど、「お店の宣伝してるみたいでイヤ。」とか「別のお店のロゴ入りバッグでのお買い物はちょっと。」なんていう意見を聞くにつけて、

このバッグのコンセプトが浮かんだよう。

「ワタシはeco-friendlyだけど、お店の広告塔じゃないのよっ。」っていう気持ちを代弁しているわけ。

時を同じくして聞いたのが、元祖オーガニックマーケットのWhole FoodsがEarth Day(地球の日:4/22)から、プラスティックバッグの使用をやめ、「BYOB-Bring Your Own Bag」となるニュース。

紙かプラスティックか。のモンダイではなく、「再利用」のススメ。


マイバッグ持参のお客様には、5?の返金があるとのこと。


昨年あたりからワタシ自身も、できるだけプラスティックバッグを使わなくていいように、キャンバストートを持ち歩くようにしているのだけど、

やっぱりホールフーズのバッグでトレーダージョーズに行くのはちょっと。って思ってしまうし、


計画性に乏しいワタシは思いつきで買い物に行くことがほとんどなので、そうなると持ってるトートを全部車の中に用意して、買い物するお店によって選んで使うなんて非現実的なことが必要になるわけで、

前述のHero Bagsはまさに「これだ♪」っていうバッグなわけです。 バッグを作ったSusanne Madduxさんは、Apple ComputerやSony、Nikeなどで活躍していたそうで、

シンプルだけどキュートで暖かく、味のあるデザインと色使いはなるほどって思った。

届いたバッグは想像していたより生地も厚いし、作りもしっかりしているので少々の買い物はこれ1つで十分かな。

考えてみれば、一昔前は母親たちは買い物かご持参で買い物していたわけで、当たり前のことが当たり前でなくなっていたことに、やっと気づいたってことかも。

ところで、Susanneさんのブログで、(話題の)AnyaのINAPBバッグ(I'm not a plastic bag.)よりもHero Bagを選ぶ11の理由というスレッドがあって、

その中に"No one uses a INAPB for groceries?! "というのには笑えた。

ラスベガスではこのバッグ持ってる人をみかけることがないから、スーパーで使われているのかどうかわからないけど、他ではどうなんだろう?・・・っていうか

NYCではWhole Foodsで販売されたんだっけ!? (ワタシ、実は少し前までINAPBのUSAバージョン、買おうか悩んでいた。←トートバッグフリーク♪)


HOME
copyright © 2005 lvsweetie all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Google カスタム検索


ブログ内の検索に便利♪

・ ・ ・ ・ ・ ・







Locations of visitors to this page



リンク

のんびり暮らそう♪ ラスベガス

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

このブログをリンクに追加する




RSSリンク

↓のどれでもお好きなRSSリーダーに、”マイ・ラスベガス・スタイル”を追加していただくと、このブログの更新情報をカンタンにチェックしていただけます♪
登録アドレス http://mylvstyle.blog91.fc2.com/?xml

Add to Google

My Yahoo!に追加

Bloglinesで閲読登録

Subscribe with livedoor Reader


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。