プロフィール

lvsweetie

Author:lvsweetie
ラスベガスへようこそ♪

Moon phases

最新記事

サイトマップ

カテゴリーごとに分類していますので探しやすいかと↓

*My LV Styleのサイトマップ*

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Thanks for coming!

住んでみるラスベガスって、思ったより刺激的。いろんな顔のラスベガスを楽しんでいます♪
マイ・ラスベガス・スタイル
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080316]
2008_8

アルコールも好きだけど、お茶も好き。というかできるだけ飲むようにしている。

で、2年くらい前からとりあえず切らさないようにしているのがルイボスティー。

ルイボスっていう名前を初めて聞いたのは日本にいた頃。コンビニでもボトルを見かけたりして、味もお気に入りで冷蔵庫に常備していたのだけど、こちらに来てからは当然ながら全くみかけることがなかった。


で、ある日ラテを買おうと思って立ち寄ったjava detourのメニューになんと♪ルイボスティ-を発見。まさかこんなところでなつかしい味に出会えるとは。。。その後、すぐに葉っぱを購入した。

ルイボスティーはほんとにさっぱりした味。ウーロン茶のようなえぐい感じもないし、ジャスミン茶のような強い香りもなくて私好み。
飲んだ後もずっとそのさっぱり感が残るのは、フラボノイドの力かな。
一説には緑茶の50倍のフラボノイドが含まれているとも言われている。
抗酸化力があってカフェインフリーでビタミンCもたっぷり。
おいしい緑茶を飲むことがなかなか難しいこちらでは、毎日のお茶にぴったりなわけです。

この"Rooibos"、ルーツは南アフリカっていうことは知っていたけれど、育っているのはケープタウンの北にあるCederberg(セダルバーグ山脈)一帯だけなのだそうだ。
貴重な葉っぱなんだね。

2008_9このお茶を買う時に一緒に買ってみたのが Detox Herbal Infusions Tea。
正直なところ、デトックスという一言(殺し文句?)に惹かれたわけです。
こちらはカモミール、タンポポ、ゴボウ(ほんと?)、甘草(リコリス)、レッドクローバー、ペパーミントなどのブレンド。
かなり強烈な香りと味だけど、ジャスミンティとかと違って、強いのだけどほっとする香り。
体が喜んでいるような感じで病み付きになる。胃の中がすっきりと洗われる気もするし。これって、アルコールで疲れた胃にいいのかもね。(写真はDetox Teaではないです。)




2008_10ところで、この間雑誌dominoで見てこれいいかも!と思ったオーガニックのボディソープを、オンラインショップで買ってみた。
アフリカ産のシアバターから作ったボディケア商品を売っているところなのだけど、サンプルをいくつか一緒に送ってくれて、その中に小さなビニール袋に入ったルイボスティーの葉っぱがあったのだ。
その葉っぱといかにも手作りのラベルを見たら、なんだかちょっとうれしくなった。
まさしく、ツボをついてくれたようで。




[20080315]
2008_5



















グローサリーの買い物はだいたい行く店が決まっていて、これを買いたい時はあの店、あれを買いたい時はこの店。といった感じでめざすスーパーが決まることが多い。今は4-5軒を使いわけている状態。
中でもいろいろな意味で買い物を1番楽しめるのが、Whole Foods Marketかな。

言わずと知れた自然食品・オーガニックフードを扱う草分け、現在ではWild Oatsを買い取って、全米唯一のオーガニック・自然食品を専門とする大型チェーンスーパーとなっている。
(ラスベガスには元Wild Oatsの2店も含めて現在4店舗あり。)

2008_6今日はハーブのポットを買おうと思って行ったところ、”Local Vendor Day”だったようだ。
これは地元の生産者や販売者が店内で自分のお店(テーブル1台とかのスペース)を出す日なのだけど、お店についたのが3時を過ぎていたので、ほとんどのベンダーさんが店じまいしてしまっていて、ちょっと残念。
オーガニックのナッツ類とか売っている人が何人か残っていた。ほかにはどんなモノが売られてたんだろう。

ところで"Local"といえば、ここでは"Local Grown”というカテゴリーの野菜や果物などがあって、これは大雑把に言えば「地元産」。
正確には、季節ごとの旬の生産物*を生産地から1日以内(トラックで輸送の場合は7時間以内)にお店に運ばれたものをLocal Grownと定めているそうだ。

*たとえば、カリフォルニアであれば春はアーティチョーク、ミシガンの夏だったらブルーベリー、秋のワシントン(州)はリンゴ・・・など、そういった旬モノってこと。

先日は、Local Grownマークのついた玉ねぎをみかけた。その時はてっきりネバダで収穫されたものだと思ったのだけどそうとは限らないのかもね。ラベルをきちんと読めばよかった。
それでも調べてみたら、ネバダ州でもラスベガスからずうっと北の方-Yeringtonで、玉ねぎの栽培をしているのがわかった。乾いた気候がいいらしい。

2008_7こういったLocal Grownを消費することは、単に「旬なもの」ということだけではなく、輸送時間の短縮(=環境への影響をおさえる)やコストの削減、また地元の農家のサポートなどが背景にあるわけで、これをひっくるめてLocal Grown イコール"Green"というわけ。
いずれにしても、地元の生産者や販売者をサポートすることは、私たち消費者にとってもうれしい選択肢がふえるということでもあり、どんどん進めていってほしいものです。

*Whole Foods:Locally Grownとは?


BACK HOME
copyright © 2005 lvsweetie all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Google カスタム検索


ブログ内の検索に便利♪

・ ・ ・ ・ ・ ・







Locations of visitors to this page



リンク

のんびり暮らそう♪ ラスベガス

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

このブログをリンクに追加する




RSSリンク

↓のどれでもお好きなRSSリーダーに、”マイ・ラスベガス・スタイル”を追加していただくと、このブログの更新情報をカンタンにチェックしていただけます♪
登録アドレス http://mylvstyle.blog91.fc2.com/?xml

Add to Google

My Yahoo!に追加

Bloglinesで閲読登録

Subscribe with livedoor Reader


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。