プロフィール

lvsweetie

Author:lvsweetie
ラスベガスへようこそ♪

Moon phases

最新記事

サイトマップ

カテゴリーごとに分類していますので探しやすいかと↓

*My LV Styleのサイトマップ*

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Thanks for coming!

住んでみるラスベガスって、思ったより刺激的。いろんな顔のラスベガスを楽しんでいます♪
マイ・ラスベガス・スタイル
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080329]



2008_17

週末の朝ごはんと言えばお約束のパンケーキ。

友人が「僕の中の1番」「Grandma's Place」(おばあちゃんの味のお店)といつも言っている、
お気に入りのお店に連れて行ってもらいました。

その名も「The Original Pancake House」

確かにIHOPとかBlueberry HillsとかDennysとかと比べると、あっさり味でサクサク感があって、まったく別物みたい。
何枚でも食べられる軽さっていうのかな。

私は「Hawaiian Pancake」でwhip creamを別オーダー。
これはパイナップルの角切りが入って焼かれたもの。ジューシーなパイナップルとサクサク生地の組み合わせがウマウマ♪

それから、ここのホイップクリームは初めての体験かも。
ホイップクリームとアイスクリームが合体したような食感と味。ちょっと意外だったけど、おいしー。
このパンケーキには、甘めの「トロピカルソース」がついてくるのだけど、私はこのソースはかけずにホイップクリームで食べる方が好きかな。

お皿からはみ出さんばかりの6枚のパンケーキが1オーダー。ハーフオーダー(3枚)もOK。
(実はハーフオーダーと言い忘れて、6枚来てしまってちょっとあせった。せっかくなので記念写真撮りました。)

フレッシュグレープフルーツジュースも「一生懸命しぼりました!」っていう感じで、ご丁寧に種まで入っちゃってます。
こういうジュースに出会えるのは珍しいかも。
(この写真、しぼりたて感がわかるかな・・・)

2008_18_1



このお店は1953年にポートランド(オレゴン州)でオープンしてから、2代・3代と続いているファミリービジネスなのだそう。

お店の「売り」には、Dutch Baby(German Pancake)やApple Pancake、30分近くかけてオーブンでベイクされる  omeletなどがあってどれも人気があるみたいですね。
クレープもパンケーキに負けずに種類がたくさん。これから少しづつ試してみるつもりです。<<今のところ、私の中でも1番のお店となる模様。コーヒーマグもみごとにつぼにはまったしね♪



"The Original Pancake House"

*ラスベガスには4軒あります。営業時間は07:00-15:00。週末の朝はもちろん「待ち」を覚悟で。



スポンサーサイト
[20080323]


2008_14



午前中に一仕事済ませたあと、あまりのお天気のよさにあてどもなく車を走らせていたら、なんとなくハイウェイに乗ってしまった。

どうしたもんかと考えていたら、左側に小さな小さな集落が見えてきて、しかもそこへ入るわき道が現れたので、突然思い立って入ってみた。


町へはいる道の脇には、「ここは居住区域。レクリエーションのための場所ではありません。」なんていう看板が。
私みたいに入って来ちゃう人があとをたたないんだろうな。

2008_15


・・・で、ここは、Red Rock Canyon の南端にある Blue Diamond というところ。正確には町ではなくて、CDP(census-designated place:国勢調査指定地域)。
つまり、CityでもTownでも Villageでもない場所。

ネバダ州クラーク郡にはラスベガス以外に4つの町(Boulder City・Henderson・North Las Vegas・Mesquite)があって、そのほかにCDP*が18あるらしい。
*CDPはアメリカ合衆国の統計上の報告のために、便宜上作られた地方区分の呼び名のひとつで、行政法人(市役所や議会など)を持たない。(wikipediaより)<<そういえば、消防署にあった古めかしい1台きりの消防車がラスベガスのものだったのはそういうことか。

さて、町は小さくて静かで、なんとなく以前に住んだことのあるオアフ島のカイルアや近くのラニカイあたりの雰囲気とそっくり。
狭い道沿いには手をかけられたフロントヤードが並び、こじんまりとした、でもセンスのいい家並みが続く。(といってもほんとに短い距離なんだけど。)
ラスベガスからこんな近くにある場所とは思えない、まったくの別世界。流れている時間も絶対違うと思う!

町の中の制限速度は15マイル。地図を見たら道路は全部で8本しかなかった!それもそのはず、ここの面積は7.4sq miles(19.1 km²)で、人口は482人(2007)だって。

だからかな、何だか人の家に無断で入り込んでいるようなちょっと後ろめたい気分になったのも確か。私と同じようにあきらかに物見遊山でうろついている車と何度かすれ違ったけど、どのドライバーもちょっとおっかなびっくりな雰囲気できょろきょろしていたから、みんなそんな風に感じていたに違いないはず~。

もともとここは近くにある工場(石膏をほりだしている)のための町としてできたそうで、今でもほとんどの人がこの工場で働いているとか。

ってことは、このBlue Diamond自体がひとつのファミリーみたいな感じなんだろうか。
そういう生活ってちょっと興味あったりします。

2008_16


ハイウェイにはお約束のレンジャー・Smokey Bearだよ。
毎日けなげに山火事に注意って呼びかけているこのキャラクターが大好き♪
(このクマ君はかわいそうに、一部顔や体がはがれちゃってるけどね~。)



[20080322]

2008_11Pottery Barnの春のカタログが届いた。

春っぽくて明るい表紙がなかなかいいじゃん。と思ってページをめくると、
巻頭(?)特集が、Hawaiian stayle。
"We've completely fallen for the Hawaiian way of living"なんだそう。





いいね~。 ドアはあけっぱなし、家の中はくつろげる場所がたくさんあって。気持ちのいい風が家の中を抜けていく。海の空気の匂い。ドアの外には脱ぎ散らかしたスリッパ(ビーサン)がひしめいて。

私がカイルアで少し住んでいた家、リビングルームが裏庭に向かった大きな窓に囲まれていて、
その窓からはマンゴーの木がいつも見えていたのを思い出した。
残念ながら、そこは海辺ではなかったけれど、まさに海辺の物件(!)を友達が持っていて、
その家のリビングからは裸足で海まで行けるなんともすばらしいロケーション。

・・・ま、そんな雰囲気の特集で、じっくり読んでしまいました。

2008_12PB風ハワイってところでしょうが、「トロピカル風」とか「あざやかな色やデザイン」とかってことはさておき、家の中の空間を風が吹き抜けていく感じをつかんでいるあたり、さすが。
それこそが、まさに「ハワイの家」だと思っています、私は。



メインランド出身で西海岸でヒッピーをしたあと、ハワイに住み着いてしまった英語の先生に教わっていた時、彼が「ワイフはこれ、文法的におかしい!って言うんだけどね、僕はこのフレーズが大好き。」と言って教えてくれたのが、"Lucky live in Hawaii."
それ以来・・・じゃなくて、それからハワイを後にするまでの間、このフレーズは私もよく使っていたっけ。
風や太陽や空気や雨や虹や海というモノが、自分の魂というかコアの部分にしっくりと入り込んでくる。そんな場所をみつけることができて、さらにそこで生活することができるのは、"Lucky"でなくて何なのだろう。

2008_13

















もちろん。現実はそんな夢みたいなことばかりではないのだけど(ほんとに!)、それでも、今、ハワイに戻れる状況が訪れたら、多分戻るだろうと思う。きっと、深呼吸をしに戻ると思う。

・・・カタログを読みながら、ふと遠い目をしてしまった午後だった。

HOME NEXT
copyright © 2005 lvsweetie all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
Google カスタム検索


ブログ内の検索に便利♪

・ ・ ・ ・ ・ ・







Locations of visitors to this page



リンク

のんびり暮らそう♪ ラスベガス

ミクロネシアの小さな島・ヤップより

このブログをリンクに追加する




RSSリンク

↓のどれでもお好きなRSSリーダーに、”マイ・ラスベガス・スタイル”を追加していただくと、このブログの更新情報をカンタンにチェックしていただけます♪
登録アドレス http://mylvstyle.blog91.fc2.com/?xml

Add to Google

My Yahoo!に追加

Bloglinesで閲読登録

Subscribe with livedoor Reader


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。